キーワード 探し方

MENU

キーワードの探し方 アフィリ初心者がやるべきこと

お客様のテーマに関する時間軸をとると、
初期段階は「専門用語」を知りません。

 

なので、ターゲットにするなら
「ねらうキーワード」に注意しないといけません。

 

専門用語で集客しようとしても、厳しい可能性が高い。
知らない言葉では検索しませんから。

 

これって当たり前の話しなのですが、
コンテンツの作り手として忘れがちです。

 

テーマに詳しくなればなるほど、
専門用語を無意識に使ってしまいます。

 

もちろん、サイトコンテンツが充実していることをアピールするために、
戦略的に使うことはあります。

 

しかし、集客キーワードには使いません(初心者を集めるなら)

 

では「どんな言葉で検索するのでしょうか?」

 

 

 

・ヤフー知恵袋

 

一番良いのはその人に聞くことですが、そういかないことが多いです。
こういうリサーチにも「ヤフー知恵袋」は使えます。

 

ターゲットの質問内で使われている言葉を、じっと観察します。
すると、初心者が使いやすいキーワードを見つけることができます。

 

A=B

 

専門用語が「A」だとして、そのコンテンツを作るときの
集客キーワードは、知恵袋で探した「B」を使うのです。

 

ヤフー知恵袋の質問のなかには、自作自演の業社が入っていることもあるので
そこは注意してください。

 

 

・家族、友達に聞く

 

リサーチとして、常に使える方法ではありませんが、「人から聞く」ことも有効です。
会話のなかで、使えそうな話題を耳にしたら「どういう言葉で調べたの?」とか聞いてみましゅう。

 

田舎化の親とか、離れて暮らしてる兄弟とか。

 

何気ない会話のなかで、ヒントがあるので
つねにアンテナをはっておくことです。

 

例えば、久々に離れて暮らす母親に電話したときに
「この前、◯◯◯っていうドックフードをパソコンで注文したんだけど。。」
なんて話になったとします。

 

「へー」で済ますのか、「どうして、ソレを買ったの?」と聞き返すのかの違いです。

 

もしA8にある「カナガン」を買っていたら、
母親をターゲットにしたサイトを作っても良いでしょう。

 

楽天やアマゾンでしかアフィリエイトできない商品だとしても、
まずは電話で聞き取った内容を整理してみましょう。
そして、別商品にアフィリできないかを考えてみるのです。

 

どう考えても無理な場合は、アマゾンや楽天でアフィリしてもいいと思います。
ただし、「育てるブログ」のようななん記事もいれるなかで。

 

アマゾンや楽天の商品1個を紹介するために、
独自ドメインでいかなくて良いでしょう。

 

どうしても、1サイト作りたい場合は、シーサーブログのような
無料サービスで、1個作ってみると良いです。

 

競合の数とメーカーの宣伝費に影響されまずが、
場合によっては1万とか楽天やアマゾンでも稼げます。

 

大事なのは、すぐメモできる環境を構築しておくことですね。

 

 

・アクセス解析でリサーチ

 

専門ブログなのか、雑記ブログなのかは問いませんが、
アクセス解析にたまったキーワードをチェックします。

 

初心者さんが、検索してそうな言葉を探してみましょう。
サイトを作る作らないは別として、どんな検索がされているのかを
定期的に観察することが大事です。

 

もともと専門ブログで、初心者用に作ったものであれば、
検索してきた人はどんな時間軸なのかは想像しやすいです。

 

しかし雑記ブログでだと、ターゲットも想定してないような
記事を書いていることもあるでしょう。
そういう場合は「予想」するしかありません。

 

「16gで大丈夫 iphone6s」 「16ギガ iphone6 まずい?」

 

こういうキーワードは、初心者ではないかと想像されるわけです。
仮に新生活が始まる4月に、この手のアクセスが多いとすれば、
高校生にiPhoneを買おうとしている保護者かもしれませんね。

 

スマホを買い与えるのは、今や小学生からでもありえるわけですが
iPhoneのような高額機種は高校生からのご家庭が多いです。

 

今回のお手紙のポイントは、ターゲット目線の思考、コンテンツ作りを意識することです。

 

その例として、初心者さんがターゲットの場合は、
【集客キーワードに注意したほうがいいですよ〜】という話しをしました。

 

あくまでもキーワードの話です。

 

コンテンツのなかで専門用語を使ってはいけないことはありません。
それは、どういうサイトを作りたいかで決まりますし、
専門用語を使わないから分かりやすいわけではありません。

 

そこはケースバイケースですから^^